ページ内を移動するためのリンクです

北設広域事務組合の
新し尿処理施設整備事業を受注しました。

「新し尿処理施設/完成イメージ」

北設広域事務組合は、2町2村のし尿等を平成元年より、処理能力25kl/日の 松戸クリーンセンターで処理していましたが、設楽ダム建設に伴い、 松戸クリーンセンターの移転が必要になりました。

新たに整備するし尿処理施設は、同時期に整備される設楽町公共下水道の 余剰汚泥も処理します。本事業においては、新施設の供用開始後に松戸クリーンセンターの 解体も行います。
今後とも三井E&S環境エンジニアリング(株)は、本事業を通じ、 循環型社会の形成と環境保全に貢献します。

工事名称

新し尿処理施設整備事業

発注者

北設広域事務組合

工事場所

愛知県北設楽郡設楽町田口内

受注者

三井E&S環境エンジニアリング(株)

処理規模

18kl/日(し尿2kl/日、浄化槽汚泥16kl/日)

下水汚泥9.4㎥/日

処理方式

高負荷脱窒素処理方式+高度処理+汚泥乾燥・焼却

工期

2018年10月~2022年3月(解体工事含む)

ページの終わりです