沿革

1917
旧三井物産株式会社造船部として岡山県児島郡日比町(現玉野市)で創業
第1船「海正丸」竣工
1924
日本初となるディーゼルエンジン搭載の「赤城山丸」を建造
1937
旧三井物産株式会社から分離独立し、株式会社玉造船所を設立
1942
社名を三井造船株式会社に改称
1948
戦後日本初の鋼製輸出船「クヌール」(捕鯨船)が竣工
1952
東京に本社機構を移設玉野造船所に研究部を創設
1961
世界初の大型自動化船「金華山丸」(貨物船)が進水
1962
千葉工場が操業開始
1966
ホーバークラフト国産第一号艇タイ国へ輸出
1967
千葉工場に千葉研究所設立
1968
千葉工場に超大型ドック(50万dwt)が完成
1971
超自動化タンカー「三峰山丸」が竣工
1973
修繕船専門工場、由良工場操業開始
1975
当社最大船型40万dwt級タンカー「ベルゲ・エンペラー」が竣工
1978
昭島研究所開設
1984
当社初のLNG船「泉州丸」(125,000m3)が竣工
1995
深海10,000m 級無人探査機「かいこう」完成
1999
由良工場完全子会社化、株式会社エム・イー・エス由良(現 MES-KHI由良ドック株式会社)発足
2002
海洋科学技術センター向け地球深部探査船「ちきゅう」が進水
当社初メンブレン型LNG船(積載量137,100m³)の1番船「PUTERI DELIMA SATU」を完成
2003
株式会社新潟鐵工所の造船関連事業の営業譲渡を受け、新潟造船株式会社を設立
2006
千葉造船工場に1,000トンゴライアスクレーンを導入
2007
千葉造船工場・玉野艦船工場に技能伝承センターが完成
玉野事業所内に安全研修センターを開設
世界最大級320,000重量トン型鉱石運搬船 「ぶらじる丸」が竣工
2010
大ヒットシリーズ56,000重量トン型ばら積み貨物運搬船「三井の56」竣工100隻を達成
2013
次世代の環境対応・低燃費船「neo Supramax 66BC」引き渡し
2014
護衛艦「ふゆづき」引き渡し
2015
大型浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)船体部 引き渡し
ドイツのエンジニアリング会社 TGE Marine Gas Engineering GmbH を子会社化
2017
創立100周年
2018
持株会社体制への移行とともに、「三井E&S造船」発足 
次世代の環境対応・低燃費船87,000重量トン型 ポストパナマックスバルクキャリアー「neo 87BC」開発・受注