プレスリリース
トップ > プレスリリース(2012) > 三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第207号発行
2012年

2012年11月05日
三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第207号発行

三井造船技報207号
三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、製品開発、製造技術を紹介した「三井造船技報」(MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW)の第207号をこのほど発行しました。

「三井造船技報」は、子会社を含めた三井造船グループにおいて、新しく開発された製品及び技術をタイムリーに紹介し、お客様のニーズに対して適切なソリューションを提供する技術情報の発信を目的に年3回発行しています。

今回発行した第207号は、一般の「技術論文・報告」として3編、「製品・技術ニュース」8件、「ホームページニュース」1件で構成されています。

表紙には、「製品・技術ニュース」の水分自動制御型高効率脱水機“スマートプレス”に関わる写真5組を、さらに裏表紙には高度に最適化した航路をシミュレート可能な“Fleet Navi”を紹介しています。
三井造船技報 第207号の構成内容

(技術論文・報告)

  • 緩速式電気透析システムによる高濃度スラリーからのイオン除去性能評価
    担当部署:エンジニアリング事業本部 事業開発部
  • プラズマ強度分布制御型高圧プラズマ源の開発
    担当部署:技術開発本部 玉野技術センター
  • ハイドレート技術によるCO2 分離回収の実験的検討
    担当部署:技術開発本部 千葉技術開発センター

(製品・技術ニュース)

  • マレーシアでバイオエタノール製造の実証試験を実施
    -アブラヤシの空果房(EFB)を原料とした世界初のプラントで実証-
  • 水分自動制御型高効率脱水機“スマートプレス”
    -自動制御により安定した低含水率処理を実現-
  • 型模型船NC 削成システムの導入
    -模型船製作工程を大幅に短縮化-
  • 新鋭曳船 相次いで竣工
    -日本海曳船株式会社向け“萬代丸”,“なえば丸”-
  • 尾道糸崎港 港湾修築工事
    -尾道糸崎港松浜ジャケットの製作-
  • みなと振興 第2021-0-004 号 福良港 浮桟橋製作工事
    -福良港浮桟橋(津波対応型)の製作・進水・曳航-
  • ロングライン・マッチキャスト工法によるPC 桁の製作
    -東北縦貫線-
  • 新型交通信号用非常用電源装置を開発・納入
    -全国初のハイブリッド方式-

(Home Page News)

  • 大分事業所でメガソーラー(大規模太陽光発電施設)を建設
    -三井不動産と共同で売電事業を開始-

三井造船技報の概要
名称 三井造船技報
英文名称 MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW
発行責任者 三井造船技報編集委員会
発行回数 年3回(定期発行)
URL http://www.mes.co.jp/mes_technology/research/article207.html
(技術情報>三井造船技報>技報 第207号 へのリンク

担当部署
技術開発本部 技術総括部 
小野  電話:03-3544-3266
お問い合わせ先
経営企画部 広報室
木澤  電話:03-3544-3147