プレスリリースニュース・お知らせ

2020年02月21日

FOCUSプロジェクト第二弾実装 実海域性能把握アプリケーション『Fleet Performance』をリリース〜 Stress Free Operation with Big Data Analysis ~

HD007_Fleet Performanceアプリ画面(例).png
Fleet Performanceアプリ画面(例)

HD007_Fleet Performance プラットフォーム図.png
Fleet Performance プラットフォーム図

三井E&S造船株式会社(社長:古賀 哲郎、本社:東京都中央区、以下「三井E&S造船」)は、株式会社商船三井(代表取締役社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「商船三井」)並びに株式会社ウェザーニューズ(代表取締役社長 草開千仁、本社:千葉県千葉市)と、運航データ利活用に向けたプロジェクト『FOCUS』(註1)の第二弾『Fleet Performance』をリリースしました。

商船三井は、船の航海中の状態を陸でリアルタイムにモニタリングし、安全を維持するほか、トラブル時に即時に対応するための船舶管理ツールを「Fleet Viewer」として2019年5月にリリースしました。

「Fleet Performance」では、安全運航を前提としてさらなる最適運航を目指すべく、運航中の推進性能を把握・見える化し、環境への影響の詳細な評価、各船の性能比較などをリアルタイムに行います。

「Fleet Performance」の特徴
「Fleet Performance」では数分間隔に収集した船のセンサデータをフル活用し、三井E&S造船グループのノウハウにて解析を行います。

これにより、波や風の影響を受けて航行している船の実海域での性能や、船体やプロペラの汚損を把握することで、環境への影響やクリーニングの適切なタイミングなどのメンテナンスを検討します。また、航行中の波や風の影響を取り除き、船の真の性能を把握することで、各船の性能比較や省エネ装置の効果検証などを行います。

三井E&S造船は、造船で培われた技術とデジタライゼーション技術を活かして、海上輸送の環境負荷低減に貢献します。

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
担当
乾(いぬい)
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ