• ホーム
  • ニュース・お知らせ
  • 港湾荷役機器ラバータイヤ式門型クレーンの水素駆動化(水素燃料電池の採用) 開発事業、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業に採択
プレスリリースニュース・お知らせ

2021年07月26日

港湾荷役機器ラバータイヤ式門型クレーンの水素駆動化(水素燃料電池の採用) 開発事業、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業に採択

株式会社三井E&Sマシナリー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中一郎、以下「当社」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)の「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業/研究開発項目Ⅲ (燃料電池の多用途活実現技術開発)」(注1)の助成対象として「港湾荷役機器ラバータイヤ式門型クレーンの水素駆動化(水素燃料電池の採用)開発事業」(以下「本開発事業」)が採択されましたのでお知らせします。

現在、国土交通省では、国際物流の結節点・産業拠点となる港湾において、脱炭素化に配慮した港湾機能の高度化等を通じて温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラルポート」の形成に取り組んでいます。その中で、コンテナターミナル内の荷役で広く用いられているラバータイヤ式門型クレーン(以下「RTGC」:Rubber Tire Gantry Crane、当社商品名:トランステーナ®)は、機上に搭載されたディーゼルエンジン発電機セットで得られる電気を動力源としているため、脱炭素化(ゼロ・エミッション化)が強く求められています。

すでに、当社は、荷の巻下時に発生する回生電力を蓄電池に貯め、負荷の大きい巻上時に再利用することでディーゼルエンジンの燃料消費量を低減し、排気ガス排出量を削減するハイブリッド型のトランステーナ®を2009年より販売してきました。この技術を活かし、本開発事業では水素燃料電池パワーパックと大型の蓄電池を組み合わせたクレーン駆動システムを開発し、当社大分工場に設置された開発試験用トランステーナ®に搭載し、ゼロ・エミッショントランステーナ®の駆動実証を行います。事業期間は2023年3月までであり、従来システムと同等の荷役能力を発揮出来ることを実証します。
当社は本開発事業によりトランステーナ®のゼロ・エミッション化を実現すると共に、クリーンな荷役機器を提供するクレーンメーカーのパイオニアとして港湾の脱炭素化に取り組んでまいります。

尚、すでに販売中のニア・ゼロ・エミッショントランステーナ®(注2)は、ゼロ・エミッショントランステーナ®に簡便に改造できるよう設計されています。水素供給インフラが整う際には、ニア・ゼロ・エミッショントランステーナ®のディーゼルエンジン発電機セットを水素燃料電池パワーパックに換装することでゼロ・エミッション化を図ることが可能です。

(注1)燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業の詳細に関しては7月15日付NEDOプレスリリース「燃料電池の飛躍的な普及拡大に向けた新たな研究開発に着手」参照
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101458.html

(注2)ニア・ゼロ・エミッショントランステーナ®の詳細に関しては2月15日付当社プレスリリース参照
https://www.mes.co.jp/press/2021/0215_001565.html

三井E&Sマシナリーは、前身の三井造船時代の1968年、日本初となるコンテナ用ヤードクレーンを神戸港・摩耶埠頭に納入しました。以来、世界中の港湾で当社のトランステーナ®が採用され、2021年4月現在、国内外の港に累計1,525機を納入しています。
トランステーナ®、は当社子会社であるPACECO® CORP.の登録商標です。当社はPACECO®CORP.のライセンシーとして、トランステーナ®の開発・製造を行っています。

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー 運搬機システム事業部営業部
TEL
03-3544-3906

報道関係
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ