プレスリリースニュース・お知らせ

2021年09月21日

国土交通省 国土技術政策総合研究所より防災実験用多方向造波装置を受注

株式会社三井E&Sマシナリー(代表取締役社長:田中 一郎、本社 東京都中央区、以下当社)は、国土交通省国土技術政策総合研究所(所長:木村嘉富、所在地 茨城県つくば市)より水理実験設備である多方向造波装置を受注しました。

近年、気候変動に伴う自然災害の激甚化が懸念されていますが、今回受注した多方向造波装置は、その中でも特に台風などによる高波による被害を低減するため、海岸堤防や消波ブロックなどの越波対策を検討する実験での使用を目的としたものです。複数枚の造波板を個別に制御することにより高さや周期、方向が異なる波が混じりあった現実に近い波を再現するとともに、広範囲な方向から来襲する波浪を再現するため、水槽の二辺にL字型に造波板を配置した仕様となっています。

当社の水理実験設備は、船舶や土木・海岸などの構造物への波浪などの影響を検証するためのもので、1970年代から国の研究機関をはじめ、大学、電力会社、建設会社、水族館など国内外の200ヶ所以上に納入実績があります。主力製品である造波装置は、実験水路内で単一方向の波を起こす「二次元造波装置」や、複雑で重なり合った自然の波を再現できる「多方向造波装置」などで、潮流・津波・潮汐など各種の海洋現象を再現します。

当社は制御・ソフトウェア技術革新により、複雑・激甚化する自然災害のメカニズムを解明し、防災・減災に向けたトータルソリューションサービスを提供することで、サステナブルな未来に貢献してまいります。
また、現在稼働している設備のリニューアル、機能向上、ネットワークを用いた実験運用の自動化・遠隔監視等のサービス提供や、これまで培った波によって水面に複雑な模様を描く造波技術などのエンターテインメント分野へも進出を図ります。

三井E&SマシナリーHP 水理実験設備紹介ページ
https://www.mes.co.jp/machinery/business/research/hydraulics.html

お問い合わせ先

担当
株式会社三井E&Sマシナリー ソリューション事業推進部 営業部
TEL
03-3544-3221

報道関係
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ