プレスリリースニュース・お知らせ

2021年11月08日

三井E&Sテクニカルリサーチからレーダ探査事業を承継

株式会社三井E&Sマシナリー(代表取締役社長:田中 一郎、本社 東京都中央区、以下当社)は、グループ会社である株式会社三井E&Sテクニカルリサーチ(代表取締役社長:中澤 敬、本社 岡山県玉野市、以下TRC)からレーダ探査事業を承継いたしました。

高度成長期に整備され、建設から50年を超える道路、トンネル、橋梁が増えるなか、これらの老朽化した社会インフラの点検・調査の必要性が高まっています。一方、点検技術者の不足は社会的な課題となっており、点検・調査業務の効率化が求められています。

当社は自社開発の電磁波レーダによる非破壊検査装置・システムの製造販売、及びそれらを用いた道路・トンネル・橋梁などの社会インフラの調査サービスを行い、グループ会社であるTRCではレーダ装置を用いて、主に地方自治体向け路面下空洞調査や民間工場敷地内の空洞探査サービス、コンクリート構造物等の調査サービスを行なってまいりました。
今回のTRCのレーダ探査事業承継により、グループ内に分散していたリソースを統合することで、このような社会ニーズに対応したレーダ装置の開発体制を強化し、また幅広く高度な調査サービスの提供を行ないます。

当社は長年培ってきた電磁波レーダ技術をコアテクノロジーとして、AI等のデジタル技術を活用し、路面性状・路面下空洞調査、トンネル覆工調査、橋梁床版調査などの各種インフラ調査の高度化、効率化を図ることで、インフラ老朽化、点検技術者の不足といった社会課題の解決に貢献してまいります。

三井E&SマシナリーHP レーダ事業紹介ページ
https://www.mes.co.jp/machinery/business/radar/

お問い合わせ先

担当
株式会社三井E&Sマシナリー ソリューション事業推進部 営業部
TEL
03-3544-3221
報道関係
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ