基本方針サスティナビリティ

環境理念・行動指針

三井E&Sグループ地球環境理念

三井E&Sグループは、地球環境の保全が社会に与えられた最重要課題の一つであることを認識し、全ての企業活動を通じて人の健康維持と地球環境の保全に配慮し、環境と調和した豊かな社会の実現に貢献します。

三井E&Sグループ地球環境行動指針

1.環境規制の遵守及び環境負荷の低減
環境関連の法令・協定等を遵守し、必要に応じ自主基準を作成すると共に、技術・製品等の研究開発・設計の段階から、生産・流通・使用・廃棄等の各段階での環境負荷を低減するよう配慮する。
2. 省資源・省エネルギー・リサイクルの推進並びに廃棄物の削減
企業活動の全ての領域で省資源・省エネルギー・リサイクルの推進を図ると共に、廃棄物の削減に努める。
3. 新しい技術・製品の開発による環境保全への貢献
環境保全に寄与する技術・製品の開発を積極的に行い、社会に提供する。
4. 海外事業活動における環境配慮
海外事業活動において、当事国における環境保全に十分配慮する。
5. 広報活動の推進と社会活動への貢献
環境保全について積極的な広報活動を行うと共に、適切な技術・情報の提供を通じて地域や社会に貢献する
6. 環境教育による意識の高揚と社会活動への参加
環境教育・社内広報活動等を実施し、従業員の環境に関する意識の向上を図る。
従業員は地域や社会の環境保全活動への自主的な参加を通して、これらとの信頼関係の構築に努める。
7. 環境管理体制の整備、環境マネジメントシステムの構築
環境管理体制を整備すると共に、環境マネジメントシステムの構築・維持を図り、環境保全の向上に努める。
8. 関係会社との共同歩調
本理念及び行動指針は、より一層の環境保全の効果を上げるため、関係会社各社への浸透に努め総合的展開を推進する。

環境管理体制

環境管理体制を下図に示します。社長を最高責任者とする環境管理体制と、企業活動のすべてにおいて、より環境にやさしい企業を目指して、管理・運用につとめています。

環境マネジメントシステムの充実

当社はISO14001の認証を、2000年10月に玉野事業所で、2001年9月に千葉・大分事業所で取得しました。また、2005年度に、すべての事業所でISO14001の2004年版に移行しました。2010年度には千葉・大分事業所で、3回目の更新審査が行われ、更新しています。2012年度は玉野事業所で4回目の更新審査が行われ、更新しました。各々の事業所では、外部審査機関による年2回の定期サーベイランスが行われ、システム運営状況がチェックされています。
写真は玉野事業所における更新審査の様子です。