プレスリリースニュース・お知らせ

2022年02月21日

MET過給機製造のライセンス契約を締結

株式会社三井E&Sマシナリー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中一郎、以下「当社」)は、三菱重工マリンマシナリ株式会社(社長:堀 俊明、本社:長崎県長崎市、以下「三菱重工マリンマシナリ」)から、このたび、当社が製造・販売する2ストローク機関に搭載する過給機の製造についてMET-MB/MBII過給機のライセンス供与を受ける契約を締結しましたのでお知らせいたします。

三菱重工マリンマシナリは、エンジンの高出力・高効率化要求に対応した三菱重工グループの差別化技術としてMET過給機を1965年から製品展開しており、MET過給機は舶用の大形2ストローク機関に搭載される過給機の世界シェアにおいて約40%を有しています。 今回当社では、MET-42MB/42MBII/66MBIIの3形式から製造を開始し2022年度中の初号機完成を計画しており、需要に応じて形式を適宜拡充していく予定です。

当社は、1981年に現MAN Energy Solutions SE (CEO: Dr. Uwe Lauber、本社:ドイツ)と過給機のライセンス契約を締結して以来約40年間にわたり、累計4000台を超えるMAN過給機の製造・販売を行ってきましたが、MET過給機を新たに自社製過給機のラインアップに加えることで、三井-MAN B&W機関においてより最適な過給機選定を行う体制を整えました。

これまでの過給機メーカとしての経験を活かして、MET過給機においても早期に製造体制を立ち上げると共にお客様に満足いただける品質管理を行います。また、エンジンメーカとしての強みを活かし、過給機を含め、三井-MAN B&W機関の全体を新造から就航後のアフターサービスまで一貫してライフサイクル全体にわたりお客様に貢献できる体制を強化し、全面的にサポートしてまいります。 また、今回のライセンス契約を機に、MET過給機について、自社製造品と共に、三井-MAN B&W機関に搭載されている全てのMET過給機のアフターサービスを行ってまいります。

20220221b.jpg
MET66MBII過給機

20220221a.jpg
MET37MB過給機(主機搭載時)

お問い合わせ先

担当
株式会社三井E&Sマシナリー ディーゼル事業部 営業部
TEL
03-3544-3475

報道関係
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ