プレスリリースニュース・お知らせ

2022年05月25日

大型危険物積載船の安全性向上に向けて 離着桟支援装置を開発・搭載を開始

三井E&S造船株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:船津 勇)および株式会社三井造船昭島研究所(本社:東京都昭島市、代表取締役社長:前田 泰自)と、ENEOSオーシャン株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:廣瀬 隆史)は、離着桟支援装置(以下、本装置)を共同で開発し、大型の原油船への搭載を開始しました。

本装置は、株式会社三井造船昭島研究所の入港支援技術および当社が開発を重ねた自動運航の技術とENEOSオーシャン株式会社が長年培ってきた巨大船での危険物安全輸送における操船ノウハウを織り込んだ装置です。全世界対応のGNSS技術と運動予測技術により、操船者であるパイロットおよび船長が、着桟・着標時における船舶の位置や挙動、速力や風力を正確に把握することを支援します。またそれらの情報の共有を容易にする機能や、船が危険な状況にある際に警報を発する機能なども備えており、リスクの高い離着桟作業等での操船事故を未然に防ぐことを可能とします。

本装置によって、ヒューマンエラーの防止による海上輸送の安全性向上と、操船者の作業負荷軽減を実現するとともに、事故による環境へのリスクを大きく低減できることが期待されます。
また近い将来は、ターミナルやオフィスとも情報を共有できるシステムの開発を検討しており、業界全体の安全性向上に役立てることを計画しています。

(*特許出願準備中)

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ