ワークライフバランスサスティナビリティ

性別に関わらず、従業員がライフイベントの状況に応じて能力を最大限に発揮することを目指しています。育児・介護を行う従業員が仕事と家庭を両立しながら働き続けることができるよう、コアタイム無しのフレックスタイム制度や休暇・休業制度などを整備しています。また、産前産後休暇・育児休業の取得者については、休業期間中をキャリアの空白としないための教育支援にも取り組んでいます。

多様な勤務・休暇・休日

限りある時間を有効に活用しメリハリある勤務を実現するための制度

フレックスタイム制度
事務技術
業務を効率的に遂行できるように、働く時間帯を計画的に自ら設定
リフレッシュ休暇 入社10年毎に最長2週間の連続した特別休暇と援助金を支給
年次休暇
事務技術
入社1年目から年間22日の年次休暇を付与
メモリアル休暇 年度初めに4~6日の年次休暇予定日を設定
年次休暇の取得促進 月平均1日以上の取得、秋の連続取得を推奨
半日年休 年次休暇は半日単位で取得可能
積立年休 失効した年次休暇を積立て、病気や育児、介護、ボランティア活動等の場合に休暇として取得
マイホリデープラン
本社
夏季連続休暇は7月~9月の間で個人別に設定
定時退場日 忙しくても週に1日定時での退場を推奨

仕事と家庭の両立支援

子育てや介護と仕事の両立を支援するための制度

子育て

  • 育児休業(男性の休業取得も呼びかけています)
  • 育児のための短時間勤務(フレックスタイム制度の適用も可能)
  • 妊産婦の通院時間は給与の半額を支給
  • 出産休暇(配偶者が子を産む時の休暇)
  • 看護休暇(子の看護をする時の休暇)

家族の介護

  • 介護休業(休業しない場合は短時間勤務等が可能です)
  • 介護休暇