プレスリリースニュース・お知らせ

2019年01月18日

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)に係る大臣表彰受賞についてたまの版地方創生人財育成プロジェクトで岡山県玉野市とともにダブル表彰

株式会社三井E&Sホールディングス(代表取締役社長:田中孝雄)は、このほど内閣府が創設した「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)に係る大臣表彰」を岡山県玉野市とともに受賞しました。

同表彰は、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の活用において特に顕著な功績を上げ、他の模範となると認められる活動を行った地方公共団体及び企業に与えられるもので、「たまの版地方創生人財育成プロジェクト」における玉野市と当社の取り組みが高く評価されたものです。

当社は、1917年(大正6年)に岡山県玉野市で創業して以来、地域における人材育成に力を入れてまいりました。「たまの版地方創生人財育成プロジェクト」は、100年間当地で操業してきた当社の地域貢献への思いと、玉野市の地域再生への強い思いが一致し「ものづくり産業を支える若者育成」への取り組みとして、玉野商工高等学校への工業系学科の新設を柱にしたプロジェクトとして結実したものです。2018年4月に設立された玉野商工高等学校機械科は、日本で初めて企業内の機械実習施設を活用する特徴ある学科として注目されており、初年度は玉野市のみならず近隣の岡山市・倉敷市からの入学者が学んでいます。当社は、資金提供に加えて実習施設の提供ならびに実習技術指導者の派遣などの支援を行っています。

対象事業について

対象事業名 岡山県玉野市「たまの版地方創生人財育成プロジェクト」
事業の目的 地域産業を支える人材を育成し、市内での就労を促進するため市立玉野商工高等学校へ工業系学科を新設するとともに、学校や地元企業と連携・協働し、教育活動の充実を図る。

当社の支援内容 総額1億円

  1. 市立高校への工業系学科の新設ならびに人財育成支援事業等に向けての資金提供(企業版ふるさと納税 6,500万円
  2. 玉野事業場の敷地内に新しく機械実習施設建屋を建設(約3,500万円)
  3. 玉野事業場の技能研修センターを市立高校実習室として提供
  4. 実習技術指導講師の派遣
HD003-実習棟.JPG三井E&S玉野事業場に新設した実習棟
HD003-実習棟内部_01.JPG実習棟内部
HD003-旋盤実習.jpg旋盤実習の様子
HD003-溶断実習.JPG溶断実習の様子

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ