プレスリリースニュース・お知らせ

2019年05月30日

水産庁向け漁業取締船1隻を受注

HD024.jpg白萩丸代船完成予想イメージ図

三井E&S造船株式会社(社長:古賀 哲郎)は、水産庁(長官:長谷 成人氏)向け漁業取締船「白萩丸代船」を受注しました。

「白萩丸代船」は、当社が昨年受注しました「白嶺丸代船」並びに「白鷲丸(新造船)」と同型の3番船であり、悪質化・巧妙化する違法漁船の取締りを効果的に行なうべく最新鋭の技術が盛り込まれる予定です。また、現船から大型化され耐航性も向上することから、日本周辺海域における違法漁船への取締体制の強化に大きく貢献するものと期待されております。

本船の受注により、当社は計3隻の水産庁向け新造船を順次建造していくこととなります。これまで培ってきた特殊船建造技術により一層の磨きをかけ、今後とも日本の水産資源管理体制の一翼を担えるよう努めていく所存です。

主要目

総トン数 約870トン
全長 約68.45メートル
型幅 10.60メートル
最大搭載人員 31名
竣工 2021年7月(予定)

担当

連絡先
三井E&S造船株式会社 営業本部 艦船・官公庁船・特機営業部
担当
高田
TEL
03-3544-3530

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
担当
乾(いぬい)
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ