プレスリリースニュース・お知らせ

2019年06月25日

フィリピン・マニラ向け港湾荷役用クレーン16基を追加受注

HD026_Hybrid型ヤード用トランスファークレーン.jpgHybrid型ヤード用トランスファークレーン

株式会社三井E&Sマシナリー(社長:髙橋 岳之)は、フィリピンのInternational Container Terminal Services Inc.(ICTSI社)より、ヤード用トランスファークレーン16基を追加受注しました。2017年に受注、本年に納入したクレーンの品質及び省燃費性を高く評価頂き、追加の御発注となりました。

ICTSI社はフィリピン最大の港湾オペレーターであり、フィリピン国内のみならず、世界約20カ国で約30ターミナルを運営する世界的な港湾オペレーターでもあります。今回受注した追加の16基は同社のフラッグシップターミナルであるフィリピン・マニラに位置するManila International Container Terminalに納入されます。

本クレーンは、環境に優しいHybrid型ヤード用トランスファークレーンであり、従来のエンジン駆動に加えリチウムイオン電池を搭載することにより、今まで抵抗器にて熱として消費していた回生エネルギーを蓄積し最大限に再利用することで、従来型比で最大60%の燃料消費量削減を達成し、CO2排出量の削減に寄与します。また、CO2排出量の削減のみならず、省燃費によるランニングコストおよび最大20dBの騒音低減を実現し、顧客にも優しい製品となっています。

株式会社三井E&Sマシナリーは今後も高品質な製品を提供し顧客の事業を支えるとともに、クリーンな荷役機器を提供するクレーンメーカーのパイオニアとして、港湾のCO2排出量の削減に取り組んで参ります。

担当

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー 運搬機システム事業部 
担当
千頭
TEL
03-3544-3904

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
担当
高岡
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ