プレスリリースニュース・お知らせ

2019年08月05日

1000kW級ガスタービンSB5N開発完了及び初号機受注

HD033_SB5N初号機写真.jpg

株式会社三井E&Sマシナリー(社長:髙橋 岳之)は、1,000kW級ガスタービンSB5Nを開発し、2019年度より販売を開始しました。また、本ガスタービンコージェネレーションシステムの初号機を兵庫県内の企業向けに受注しました。

SB5Nは、三井E&Sマシナリー(旧三井造船)製SB5の技術を元に性能改善を図ったもので、主に熱回収効率を大幅に改良し、クラス最高レベルの総合効率83%を達成しました。SB5は、産業用、民生用の自家発システムとして60台近くの実績があり、今回の開発では、その実績に裏付けられた信頼性は担保しつつ、圧縮機、タービン効率の向上、制御方法の改良(可変静翼による吸込風量調整)を図る一方で、構造をシンプル化させ、運用上の利便性も向上させました。また、環境特性についても、制御方法の改良により、NOx排出量の低減と、低NOx運転範囲の拡大を実現しています。

今回受注した兵庫県内の企業向けには、平成11年にSB5を納入しており、その更新機器として、今回SB5N初号機を受注しました。同社向けシステムには、夏場の電力需要ピーク時でも発電出力の低下を抑える吸気冷却機能を搭載し、構内の電力需要を賄うと共に、発生蒸気は、構内プロセス及び、空調設備に利用されます。

三井E&Sマシナリーは、Solar Turbines社のガスタービンを搭載した中規模クラスMSCシリーズ(3~15MW)において国内トップクラスのシェアを誇っていますが、新たなラインナップとして自社開発ガスタービンSB5Nを加え、今後もガスタービンコージェネレーションマーケットにおいて積極的な販売活動を展開していきます。

【SB5N標準仕様】

出力 1,090kW (60Hz) / 1,060kW (50Hz)
蒸気発生量 3.9t/h (60Hz)/ 3.8t/h (50Hz)
総合効率 83%
NOx排出量 20ppm以下(O2: 16%)

担当

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー 産業機械事業部 営業部室
担当
望月
TEL
03-3544-3951

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
担当
高岡
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ