プレスリリースニュース・お知らせ

2019年08月27日

6,000KW級ガスタービンコージェネレーション設備「MSC65」国内初号機引き渡し-積水化学工業(株)滋賀水口工場向け-

写真(積水化学滋賀水口).JPG

(株)三井E&Sマシナリー(社長:髙橋 岳之)は、積水化学工業(株)滋賀水口工場向けに三井・Solarガスタービンコージェネレーションシステム(以下、MSC)の新機種「MSC65」を引き渡しました。「MSC65」の納入は今回が国内で初となります。また、同工場には、2003年に「MSC50」を納入しており、今回はその増設となります。

「MSC65」は、Solar Turbines社(米国カリフォルニア州)が、システム全体の総合効率を重視して新たに開発したガスタービン「Taurus 65」を搭載したシステムで、総合効率85%以上を誇る新機種です。優れた環境性とエネルギーメリットで、高いコストパフォーマンスを実現しています。

三井E&Sマシナリーは、産業用ガスタービン中規模クラス(3~15MW)のMSCシリーズを中心に、過去140基以上のガスタービンコージェネレーション設備をお客様に納入していますが、今後は自社開発品である1MW級ガスタービン「SB5N」をラインナップに加え、より多くのお客様のニーズに沿ったご提案をして参ります。
今後も、社会や人に役立つ製品・サービスを提供し、CO2の削減、資源の効率利用といった社会課題の解決に取り組んでまいります。

システムの特長

  1. 性能
    ・米国Solar Turbines社製「Taurus 65」ガスタービン。発電端出力:5,940kW。(吸気温度15℃)
    ・コージェネレーションシステムとしての高い総合効率86.5%(送気蒸気量:13.39t/h)。
  2. 環境対応
    ・燃料は天然ガスを使用するため、有害な排気成分がほとんど無い。
    ・ガスタービンは希薄予混合燃焼システム(SoLoNOx)により非常に低レベルのNOx排出値: ガスタービン単体では20ppm以下(O2 16%換算)

担当

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー 産業機械事業部 営業部
担当
野元
TEL
03-3544-3951

お問い合わせ先

連絡先
株式会社三井E&Sホールディングス 経営企画部 広報室
担当
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ