Home

【短期立体交差システム】
工事による交通規制を最小限に抑え、短期間での施工を可能にするシステムです。
近年、都市部の交差点や踏切での交通渋滞は、物流の遅れや環境問題を引き起こし、大きな社会問題となっています。
従来の立体交差整備は、工事期間が長く、また、広範囲の交通規制を必要とするため、新たな交通渋滞が発生するという問題がありました。
三井造船の短期立体交差システムは、工事による交通規制を最小限に抑え、短期間での施工を可能とします。
短期立体交差システム

短期立体交差システム

交差点架設

交差点架設

特長
  • 最小限の交通規制
    中央径間の一括架設により、交差道路は夜間数分の通行止めで施工可能
  • 平版直接基礎
    基礎構造の小規模化により、工期短縮および地下構造物への影響を低減
  • プレキャスト床版高架アプローチ
    側道車線確保と工期短縮により工事渋滞を回避

三井造船鉄構エンジニアリング(株) 営業本部

電話番号: 043-351-9215   Fax: 043-351-9219
三井造船鉄構エンジニアリング(株) 営業本部
電話番号: 043-351-9215   Fax: 043-351-9219