株式会社三井E&Sエンジニアリング三井E&Sグループについて

mes-e-image03.jpg

バイオマス・風力発電設備や素粒子観測装置に代表される特殊建造物、石炭火力発電設備など、国内外でさまざまなプラント設備のEPC事業を行っています。グローバルな4つのメガトレンド<気候変動、環境保護、エネルギーと資源の争奪、人口動態の変化>を重視し、関連する幅広い分野でEPC事業と発電事業、事業投資・周辺サービス事業を複合的に展開していきます。

主な製品

バイオマス発電プラント、風力発電設備、海外発電土木・建設工事

トップメッセージ

mes-e-image02d.jpg

当社は2018年4月1日、三井E&Sホールディングス(旧三井造船株式会社)の100%持株子会社として設立されました。旧三井造船時代から80年以上にわたり国内外でEPC(設計・調達・建設)をスコープとする各種エンジニアリング事業を推進してきました。
世界的な今後の社会ニーズはエネルギー消費量の増加、エネルギー源の多様化、非在来型エネルギーの実用化、インフラ・産業設備需要の増加、環境保全需要拡大など益々多様化し複雑になってきています。
そのような状況の中で、当社は国内外子会社と共に環境エネルギー事業(バイオマス・風力・太陽光などの再生可能エネルギー)、海外発電設備の土建を中心にしたインフラ事業、石油化学・無機化学プラントを中心にしたプラント事業等の分野で、長年培ってきた技術・ノウハウとエンジニアリング総合力を発揮し、お客さまの期待にお応えしていきます。三井E&Sホールディングスの企業理念「社会に人に信頼される ものづくり企業であり続けます」のもとに、社会の課題やニーズに対応する為に社会に価値をつくりだすエンジニアリング会社として邁進してまいります。

代表取締役社長 得丸 茂

会社概要

商号 株式会社三井E&Sエンジニアリング
本店所在地 東京都中央区築地5丁目6番4号
本社所在地 千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目6番地1 WBGマリブイースト棟
代表者 代表取締役社長 得丸 茂
事業内容 各種機械、プラントなどの設計、調達、エンジニアリング、建設・据付、修理・保守業務など
資本金 2,020 百万円
役員 役員一覧表はこちら
従業員数 326名(2019年3月31日現在)

主なグループ会社

三井E&Sプラントエンジニアリング株式会社、三井E&S環境エンジニアリング株式会社、浜松グリーンウェーブ株式会社、市原グリーン電力株式会社、別海バイオガス発電株式会社、DASH Engineering Philippines, Inc.、Engineers and Constructors International, Inc.

関連情報