人材育成サスティナビリティ

三井E&Sグループでは、グループ各社の従業員の協働の促進、中長期的な視点での成長の促進を目指し、各種研修を実施しています。特に、若手社員の育成目標として「5年で一人前」を掲げ、入社1年目・3年目の集合研修とフォローアップインタビュー、職種に応じた基礎技術に関する研修などを行っています。
また、2020年度からは、「自社グループを知る」をテーマに自社を題材としたプログラムを増やしています。その他、 グローバル人材育成の観点からは、英語講座や異文化コミュニケーションに関する研修を行っています。なお、新型 コロナウイルス感染症拡大防止の観点から始めたプログラムのオンライン化もそのメリットを活かし、集合型と併用 して進めていきます。

talent-detail04-1.jpg

研修・育成施策

talent-detail04-2 .png

ビジネススキル研修

自社の課題に向き合い解決できる社員の育成を目指し、必要なスキルを習得するための研修です。2021年度からは、社内講師による研修を増やし、より自社の課題に直結した研修を提供しています。オンライン、オンデマンドにより、学びたい人が、学びたいタイミングで自律的に学べる状況となっています。

talent-detail04-1_a.png教育/研修 ポータルサイト

女性の活躍促進に向けた取り組み

性別に関わらず、社員全員がライフイベントの状況に応じてそれぞれの能力を発揮し、長期的なキャリア目標に向かう意欲を持ち続けている状態を目指して、女性の活躍促進に向けた取り組みを進めています。出産した女性社員が復職後に活躍できるよう、産前産後休暇・育児休業中の教育支援や、管理職間近の女性社員の社外研修への参加等を行っています。今後は、採用比率と同比率での女性管理職登用を目標に、女性の採用継続、早期育成、中堅女性社員のキャリア形成支援・意識醸成を行っていきます。

次世代認定マーク「くるみんマーク」を取得

当グループでは、従業員の仕事と家庭の両立を支援するため雇用環境の整備を行うこと、また、次世代育成支援において地域に貢献することを目指して次世代法に基づく一般事業主行動計画を策定し、様々な施策を実施しています。
2017年には、厚生労働省より「次世代育成支援対策推進法」に基づく「子育てサポート企業」として認定され、次世代認定マークである「くるみんマーク」を取得しました。
認定を受けた2015年度~2016年度の行動計画では、男性従業員の育児休業取得促進や、若手女性従業員を対象としたキャリア形成支援に関する研修実施、年次有給休暇の取得促進に取り組んだほか、学生を対象としたインターンシップや工場見学会の実施などを行いました。
今後も従業員が仕事と家庭を両立し、それぞれのライフイベントの状況に応じて能力を最大限発揮できる職場づくりを目指し、仕事と家庭の両立支援や働き方の見直しに資する労働条件の整備などに取り組みます。